パチンコCR銀河鉄道999と80年代レトロゲーム

1970年代生まれ。 大学卒業後、商品先物業、証券会社、公的取引所勤務を経て国内外の資産運用・マーケット、デリバティブの仕組みを学ぶ。90年代の超円高、バブル崩壊などセルジャパン(日本売り)期の資産運用業界に身を置き、アメリカ同時多発テロ、イラク侵攻、中国の発展、リーマンショック、アベノミクスを見届ける。金融トレード歴は20年超。貴金属、原油市場のオルタナティブの知見を活かし、FXトレード歴14年。昨年のコロナショックからは国内外株、REIT市場に参加し、グロバール・マクロ戦略(国内外株、FX、商品、REIT)を実践中。市場経済の激動を見届け、生き残る。 投資手法は株式買い・配当取りで長期ポジションを持ちつつ、クロス円売りの組み合わせでリスクオン・オフに対応。リスクオン時には株式含み益を狙い、クロス円売りは解消。リスクオフ時にはクロス円売りで既存株式ポジションを守りつつ、株式の押し目買い。基調が変化したところでクロス円を買い戻して、株式の上昇の含み益を狙う。個別株はバリュー株、ETFはグロース、マザーズ、TOPIX型、貴金属ETF、物流型REITに投資中。 趣味が日本酒(酒蔵巡り)、パチンコ、競馬。 そしてレトロゲーマーといった昭和ファミコン、昭和8bitレトロパソコン世代。

20230126_130556

今年初のハードオフでの出会いはプレステ後期の「パーラープロ6」(日本テレネット、1999年、5200円)です。

収録機種は京楽の「CR柔キッズ」(1998年)、三洋の「CR冒険島」(1995年)です。ともに他のパチンコゲームで収録されていますが、今の時代に美品、帯付きで見つけられたのはラッキーだったと思われます。「CR柔キッズ」は1/336.5の確変1/2突5入のリミッター5回、「CR冒険島」は1/360・390・419の設定付1/3突入2回継続のCR機。ともに打ったことがあります。

このゲームは攻略モード以外にもストーリーモードがついており、PS2のパチンコゲームにはこれが目当てで高値がついているものもあり、意外に面白いデキです。

プレステのパチンコゲームはかなり入手困難になりつつある中で、昨年末も含めて今年足で稼いだその他のゲームも紹介します。

パチスロ物語パル工業スペシャル(KSS、1995年、10800円)
90年代半ば不況期に出た実在パチスロ機が遊べるソフト。収録機種は6種とパル工業のペガサスシリーズが遊べる。今となってはプレイするにもどれもハードルが高い機種でレトロパチスロマニアには押さえときたい一品です。ストーリーモードあり。
ニューペガサス(1987年)
ペガサスEXE(1990年)
ペガサス412(1992年)
ペガサスワープ(1994年)
C51SP(1995年)
ビガー(1995年)

パチスロ物語ユニバーサルスペシャル(KSS、1994年、9800円)
KSSの物語シリーズ(パチスロ、パチンコ)で収録機種は以下。ただしこれらはPS、サターン、スーファミでも遊べるユニバサール系に特化。
クラブトロピカーナ
ソレックス
オリエンタル2
コンチネンタル
コンチネンタル2
コンチネンタル3



パチンコ物語パチスロもあるでよ(KSS、1993年、9800円)
オリジナル機種を攻略して100万貯める、ストーリーモード。
実機をシュミレーションするには許可が下りない時期だったと思われる。ただし実機にありそうな機種だったので調べれば何がモデルとなったかがわかるだろう。

レトロパチンコゲーム、高騰の時代!!

フェアリーSはリックスターではずれ。
愛知杯はマリアエレーナ鉄板で当たり。
AJC杯はガイアフォースを買わず、ユーバーレーベンで当たり。


タイトルなし1

タイトルなし11

野〇證券について少々述べたい。

今や株取引というとオンライン証券が普通だが、野〇證券というと株屋さんというイメージだ。バブル時には四大証券のトップでそれはもうこぞって野〇にお世話になった昭和シルバー世代も多いだろう。しかしながらバブル崩壊し、格安のオンライン証券が登場。一方、野村は手数料メインの収益構造から脱却できず古き時代のガチンコ営業でノルマ証券とも揶揄された時代もあった。従ってオンライン取引では後発であった。

私の父が20数年前、野〇證券某支店に口座を開設し、株券を預託し、国債をそこで購入した。いわゆる対面取引での口座開設であった。しばらくするとオンラインでも取引できます、ということでオンライン口座のパスワードを送付してきた。父は高齢だし、株は頻繁に売買しないため、口座は私が管理していた。ところが塩漬けにしていた銀行株が昨年末からご存じの通り、急騰。これはということでオンライン経由で売却したが、当然安いオンライン取引用の手数料と思っていた。しかしながら実際は口座自体はオンライン経由だろうが窓口取引きだろうが、本支店用取引口座だったのでとんでもなく手数料がかかってしまった。それはないだろう。オンラインで決裁したのだから当然割安な手数料だと思うはずだ。よくウエブをみるとそうではないと記載されていたが、結構わかりにくい。

よく理解しなかった私に非はあるだろうが、顧客目線ではない不親切なことをしている証券会社だとわかった。もともと野〇は昔から預かり一億以下の顧客はゴミと称されていたし、元野〇證券社員の不祥事も突出して存在したこともあり、一部顧客を客とも思わぬ輩もいたのも事実である。

もっとも野〇はホールセールや海外の投資銀行業務は強いが、リテール営業ははっきりいって金持ちの顧客でなければヒドイ目に合うのがオチ。営業は一流だが、顧客の資産設計には疑問、現場の営業レベルでは肝心の儲かる情報も持ってないだろうから....さ。

オンライン上で読める野〇調査部のレポートは当たるかどうかはともかく、読み応え十分な内容なのでこれぐらいをさっさと理解するようでなければ投資はまだ始めない方がよい。

これからの証券会社は顧客にどれだけ有益な情報を与えられるかが重要。高い手数料をとるならばいかに顧客に儲けさせられる営業マンとならねば意味はない。ただ思うに対面取引の需要はこれからは減るだろう。

今後、岸田政権では資産倍増やNISA無期限など証券会社には追い風が吹く一方、こういった時代遅れな設計をしている証券会社も存在するのでこれから投資をやる方は注意されたし。特に手数料や信託報酬に関しては大手証券やメガバンクでの取引は法外に高いことが多々あるのでコスト意識を持つことが大事だ。

昨年のチャンピオンズカップから大敗。

ジュナベイル(サンティーテソーロ)
朝日杯(オオバンブルマイ)
阪神カップ(ルピュフォール)
有馬(イクイノックス、エフフォーリア、タイトルフォルダー、ディープボンド、ヴェアズール)
ホープフル(グリューネグリーン、ガストリック)
東京大賞典(ライトウォーリア)

今年はジュニアカップから
昨年も当てた記憶が、
クルゼイロドスル 単勝

タイトルなし1




ちょっと経済をわからない人にはピンとこないかもしれないが、下の記事で理解してほしい。


不意打ちを突かれた日本市場は円高、株安とこれはニュースで報じられた。
各経済番組でアナリストが解説しているし、その先の予測もしている。
要は日本の金利が上がるからアベノミクスの逆回転だということを市場が先読みして輸出株を中心に反応したということである。一方、アベノミクスで低金利で虐められた銀行株は暴騰。これは私は読んでいた。というのも岸田政権と財務省はアベノミクスの逆回転を考えそうだからだ。

私は2020年3月にみずほを1700-1800円まで上がる、とこんな予想をした。
当時の1100円はほぼ底だと...


今回の日銀YCCの修正はたかが、長期0.25%⇒0.5%だ。
まるで今後、日本が利上げ局面にはいったかのような報道だ。しかし、短期はまだマイナス金利だし、日本市場は過剰に反応していると思っている。また日銀が大量のETFを保有している。またNISA拡大も歌っているので株価を下げるようなことをするだろうか?。

従って昨日、今日と高配当個別株、ETF、メタルETFは売られたところは買わせてもらった。
みずほは当然、本日一部手仕舞い売り。

懸念もある。不動産株には若干逆風が続くかもしれない。
また年末年始はもう一段の円高に備え、株の下落に備えるように。
当然、下がったところは分散して少しづつ、買えるように現金は用意すべきである。



このページのトップヘ